不動産屋に頼んで買える土地|ハワイの土地をカンタン購入できる

一軒家

時期を選ぶ必要性

ハワイでセカンドハウスを購入する為に

外部装飾

アメリカ全土の中では、ハワイの不動産取引価格は最も高い州とされています。物件の販売価格の平均は95,0000ドル前後です。ハワイで一番人気のオアフ島ホノルル周辺は、島国ですから未開発の土地も少なく新築物件もスローペースで行われるに留まります。故に年間を通じての物件売買取引のうちの70%以上が中古物件が占めていると言われます。日本ですと築古物件の割合は2割程度で、新築に比べて価値が下がりますが、ハワイでは中古物件の取引が中心となりますから経年劣化という感覚がなく人気物件は反対に上昇します。気候に恵まれて治安も良く、資産の安定も見込まれる上に日本からは飛行機で簡単に行ける場所ですから、ロングステイに適した場所と言えます。ハワイでは、景気に左右される事が少なく、不動産取得した時の価格帯や利益を考慮して物件の価値が変動します。人気のリゾート地区も時期を選んで物件を探すと思わぬ掘り出しものに出合えます。3ヶ月以上の長期滞在を検討している人は、ビザの取得も必要となります。

条件の良い不動産取得をめざして

では、ハワイで土地や物件について、いつが買い時か考えると、新年度を迎える9月から11月頃ではないでしょうか。北米の人々を中心に世界各地からハワイを訪れるのは冬の時期が最も多いとされますし、夏場も長期休暇を利用してハワイに人が集まります。そして不動産目当ての富裕層が売買の交渉を活発に行います。また、ハワイの中でも景気の影響で建物等を手放したいと早期の売却を望む売主も少なくありません。割安感のある優良な物件を手に入れるチャンスを見逃さないように地元の信頼度の高い不動産エージェントを見つけておきましょう。ハワイの不動産はMLSと呼ばれるシステムに一括にしてデータベースに補完されているので、一律の情報が開示されており、ハワイに滞在していなくてもオンライン上で様々な物件をチェックできます。不動産エージェントも個人経営のフリーランなススタイルで仕事をする人も多く、不動産の知名度は重要視されまっせん。また、不動産エージェントには、購入後も物件の管理や運用、タイムシェア、米国での税申告等も幅広くカバーする処もあります。