不動産屋に頼んで買える土地|ハワイの土地をカンタン購入できる

不動産

利用できるシステム

家

海外旅行先としても高い人気を誇るハワイですが、日本人だけではなくアメリカ人にとっても憧れの土地です。MLSシステムを利用することで、憧れの土地も気軽に検索し、取得することができるでしょう。

Read More

便利な不動産システム

越谷の不動産に相談して納得のいく物件を見つけませんか?条件に合う物件を多数紹介してくれるので探しやすいですよ。

世田谷区の不動産屋ランキングはここに載っていますよ!素敵なお家を探しているという方は是非御覧ください!

理想の物件を手に入れる為には信頼できるエージェント探し鍵となります

エクステリア

米国は50の州で構成された連邦国家であり、州毎に独自の法律を有し、様々な免許の管理および権限に対して独立性を重んじています。故に不動産業界も日本のシステムとは異なり、1年毎に免許の更新が義務付けられており、講習を受けて許可が下りるとハワイ州からライセンスを再発行されて翌年度の営業が出来、必然的に質の高い業者が多くなります。ハワイでも日本の不動産取引に似たMLSというレインズ(REINS)に類似した不動産システムがあります。基本的に全ての土地や建物に関する情報登録がデータベースに補完されているので、どの業者であっても統一された情報内容に基づいて物件を取り扱いますから、会社の規模や知名度は然程、優良物件の獲得に左右しません。ハワイで重視すべきは、売買の交渉を直接行うエージェント、つまり担当者の経歴や人柄であり、例えば、親しみやすさや品格、対応ぶりといった信頼できる人物を選ぶ事です。尚且つ、営業許可証の期限のチェックも必要です。ライセンス未更新者や休業中の人はエージェントとして法的に不動産の売買が出来ない事になっていますので、購入時にトラブルにならないように必ず営業許可証を確認しましょう。

ハワイの不動産手続きはエージェント次第で明暗を分けます

ハワイには、日系人や土地に根を下ろしてビジネスを手がける日本人も多く、不動産業者にも日米の住宅取得の相違を理解し対応するエージェントも沢山いるので、日本にいながらでも不動産の購入は出来ますしビザも不要です。しかし3ヶ月以上の連続した滞在に関してはビザが必要になります。エージェントを通してハワイで物件を購入する際には、借地権(RH)と含めた土地や建物の状況を確認するだけでなく、交通の便や治安、周辺の環境を入念に調べてもらい、ライフスタイルに合った物件を見つけてもらいます。ハウスルールの確認やリフォームの規制チェックも重要です。他にもエスクロー口座の開設、シロアリの検査、ホームインスペクション(住宅診断)、名義調査、各書類の開示および確認、登記書類へのサイン等、購入手続きには沢山の項目があるので一任できるエージェントが益々重要になります。ちなみに日本人でもハワイでローンが組めます。ローンオフィサーという有資格者が適正のローンを調べ、申請の手続きをサポートします。不動産購入後は、日本同様に固定資産税が発生しますが、ローンを組んだ場合は一緒に引き落とされ、通常は年に2回に分けて納税を行います。

Related Links

  • マンション売却査定君

    マンション査定を行なうなら一括査定が便利ですよ。高値でマンションを売りたい!という方にぴったりのサービスです。
  • マンションを売る前に読んでおきたい事

    引越しなどを機にマンションを売ることがあれば、より高く売却するための方法をチェックしておこう!こちらにお得情報が掲載されていますよ。

割安で買える

不動産

観光地としても魅力的なハワイですが、移住を検討している人への住宅購入も行えます。人気のリゾート地区であるため、住宅市場も高騰していますが、タイミングが良ければワイキキの物件も割安感が出てくるでしょう。

Read More

時期を選ぶ必要性

外部装飾

アメリカ全土の中では、ハワイの不動産取引価格は最も高いとされています。不動産取得した時の価格帯や利益を考慮して、物件の価値は変動するため、人気のリゾート地区も時期を選ぶことで比較的安価で購入することも可能です。

Read More